Arrow
Arrow
Slider

モード最先端の街パリには、数多くの手芸用品店、関係者が訪れる老舗資材店があります。

今回は、特にクリエイター、手芸ファンに人気のある選りすぐりのお店をご紹介するプランを御用意致しました。

ツアーの詳細は ↓ をクリックして下さい。

ツアー【期間限定】パリの人気手芸店巡り

 

【パリ・アトモスフェールだけのお勧めポイント】

1. パリ在住アトモスフェールスタッフがご一緒しますので、言葉や移動の心配がありません。

2. パリの限られた時間の中で、効率良くまわることが出来ます。

3. 期間限定格安にてツアーを提供致します。

 

是非、この機会にオリジナリティー溢れる自分だけのアクセサリーや雑貨を作ってみませんか。

 

**********************************************************************************************

『パリの老舗資材店』と言って真っ先に思い付くのがUltramod (ウルトラモッド)。

店は同じ通り沿いに2店舗あり、1店舗は帽子用の資材

もう1店舗では、リボン、タッセル、裏地、ボタンなどの資材を幅広く取り扱っています。

連日パリのクリエイター、デザイナー達が訪れ、店内を隈なく物色し、

彼らの思い描くデザインにあった資材を調達しています。

 

そんな、創造力がくすぐられる店内に入ると、

そこにはリボン、タッセル、トリミング、シルク裏地、キュプラ、ボタン、帽子の材料が一面に置かれ、

どこから探して良いか迷ってしまいます。

 

特に、『アンティーク』を求めるスペシャリストや熱狂的なアンティークファン

の要望にも答えたいとするオーナーのこだわりから

今となっては大変貴重なビンテージサテンリボンや

縁取り仕上げに使うトリミングを数多く取り揃えていますので、

日本では手に入りにくい、ビンテージ資材に出会える可能性大という訳です!!

 

元々、Ultramod (ウルトラモッド)が誕生したのは19世紀半ばの帽子メーカー街。

当時その地区は、リボンやフェルトの製造業者が軒を連ね

Ultramodも専門店としてそれらを帽子メーカーに卸していました。

 

ところが1920年代、世界恐慌の煽りで帽子メーカーが次第に姿を消して行きます。

そんな中、店が今後のターゲットとして着目したのが手芸用品。

オーナー自らシルク、ベルベットのリボン、織物、フェルト、サテン生地など

在庫資材を買い集めます。

 

息子の時代には高級フェルトやトリミングに力を注ぐと同時に、ジッパーやナイロンも取り扱っていましたが、

現在のオーナーがこの店を引き継いだ後、最初のオーナーの意思を尊重し、

古き良き時代の貴重な在庫資材を探し続ける事を決意。

その一方で、デザイナーやクリエイターの要望にも応えられる様、

新しい物、幅広い製品の提供も心がけている事から、

今でもパリの老舗資材店として人気を集めています。

 

Miranda

 

予算:ビンテージサテンリボン20€〜 / タッセル (小) 3€20~ / タッセル (大) 6€〜

シルク裏地35€〜 / サテン・ポリエステルリボン 65サンチーム〜4€20前後

 

Ultramod (ウルトラモッド)

4 rue de Choiseul 75002 Paris

01 42 96 98 30

Ultramodホームページ (仏・英)