Arrow
Arrow
Slider

19世紀、印象派が産まれ育っていくのと並行して

壮大な歴史画や宗教画はかつての栄光を失い、荒唐無稽な空想画へと堕ちて行きました。

そんな中モローが目指したのは、新しい歴史画、そして新しい宗教画。

いかなる芸術グループにも属そうとせず、孤高の人となったモローは

この偉大なるジャンルに、今までとは全く違う新たな生命を吹き込もうとしたのです。

 

モローが自宅兼アトリエとして使っていた建物は、現在ギュスターヴ・モロー美術館として

デッサンも入れると14000点以上とも言われる作品を所有しています。

 

同時に、実際にモローが暮らした私室を見学することも出来ます。

 

Musée Gustave Moreau (ギュスターヴ・モロー美術館)

Musée Gustave Moreau ホームページ (日・仏)

関連記事:ギュスターヴ・モロー作 『L’Apparition(出現)』